Skip to content

ナビ中スマホが再起動してしまう件(対応編)

ナビ中スマホが再起動してしまう件(対応編)

ナビ中スマホが再起動してしまう件(対応編)

ツーリング中にスマホでナビを利用中に意図しない再起動をする件で、まだ試行錯誤を繰り返しています。
結論からお伝えすると「通信契約の切り替えとスマホも買い替える」ことにしました。

ツーリングナビ以外のソフトでも再起動が多発するようになった。

以前のブログではツーリングナビが原因かもしれないと疑っていましたが、
先日 yahooカーナビを使おうとすると、フリーズしたり、走行中の再起動が発生してしまいました。
意図しない再起動はの原因はスマホのようです。

原因の推測

私はスマホを少し正規ではない使い方をしています。
それは「外部microSDカードを内部ストレージ化」している事です。

なぜこのようにしているのか

今使っているArrows M04は、内部ストレージの容量が16GBしかありません。
最近のアプリは容量が大きくなっているため、アプリを多数いれると内部ストレージの容量がなくなってしまい、「削除してください」のアラートが常に出てくることになります。
そこで、外部ストレージであるmicroSDを内部ストレージと認識させて容量を増やす対策をしていました。
(microSDカードは損傷しやすいため、信頼性の低いカードを使うとあっという間にエラーが発生して全データが消失します。この方法は割愛します。)
microSDは128GBでも安価になっていた為、このやり方は、非常に重宝していました。

どうしようかと考えた

まず、スマホの初期化と再インストールを考えました・・・。が、以下の懸念。

1.初期化前の事前準備の手間。
インストール済みのアプリには各種設定が入っています。認証情報やデータ移行前の準備など、時間をかけて1つ1つの移行方法を調査して設定をメモして・・時間をかけて控え漏れがないかを確認してから初期化。

2.控え漏れによる初期化後のトラブル
「初期化後の失敗は取り返しがつかない」事態が発生することもあります。アプリによっては、移行前にサーバへいったん情報を映してその後戻す「データ連携・移行」が必要になります。これが漏れているとデータの復元ができず、メーカー側に相談してもサポートしてくれないことがしばしばあります。(以前、ドラクエウォークをやっていましたが、データ連携前に突然スマホの故障してしまい、後からサポートにデータ復旧の連絡しましたが、いろいろ質問だれた後、結局データ復旧できずにやめてしまったことがあります。)

もちろんバックアップ→復旧してから作業を行いますが過去1回故障時の経験から「完全に復旧はしてくれない」と認識しています。時間もかかるし、失敗したらどのアプリが使えなくなるかわからないし・・・。

初期化してから再インストールではなく、今回はArrows M04のスペックにも不満があったので、新しいスマホを購入後、今のスマホの情報を残したまま移行をしようと考えました。

こうすることにした

Rakuten UN-LIMITに申し込んでキャンペーンのスマホを還元換算無料で入手することにした。

私は現在 旧楽天モバイル回線を利用していますが、以前からRakuten UN-LIMITは気になっていたのです。
「高くなる」と思い込んでいたので切り替えることは考えもしていなかったですが、今回の事でプランの見直しをしてみることにしました。

1か月の費用としては、今契約している「スーパーホーダイプランS 2GBの今月請求は1,812円それに対してRakuten UN-LIMITは通常価格2,980円。

スーパーホーダイプランS
(今の回線)
Rakuten UN-LIMIT
月額1,812円2,980円
1か月の請求予測

ただ、来月はこうなる

スーパーホーダイプランS
(今の回線)
Rakuten UN-LIMIT
月額2,980円2,980円
来月の請求予想額 その1

なぜ現状の金額が上がるのかというと2年間割引がなくなってしまうから。

さらにRakuten UN-LIMITは今であれば「300万人1年間無料キャンペーン」であるので以下のようになる。(2020.8.1地点)
但し、今の契約分の支払いがあるので0円にはならないと予測している。

スーパーホーダイプランS
(今の回線)
Rakuten UN-LIMIT
月額2,980円0円
来月の請求予想額 その2

さらに今であれば特権がつく

Rakuten UN-LIMITには回線契約後「Rakuten Link」をすぐに利用することで6300楽天ポイントが還元される。
さらに対象のスマホを同時購入で20000楽天ポイントが還元される。
つまり、26300ポイントが還元されることになる。

20000ポイントが還元されるスマホはこれ!(2020年8月1日地点)

「OPPO A5 2020」と「AQUOS sense3 lite」
「OPPO」は最近よくきく中華製だ。おそらく性能は問題ないのかと思おうが「ナビとして使う場合の必須条件」である「防水機能」がないので論外で「AQUOS sense3 lite」の一択となった。

「AQUOS sense3 lite」はどうなのか

私個人の考えでいうと「ハイスペックではない機種」だ。
選択の理由は出費を控えたてそこそこ動く中では良い機種であるだけ。(お金があるなら中古のXperia 1を買って使いたいところ。)

スペックだけ見るとSONYからでているXperia AceとCPUやメモリーは同じスペックなので期待をしている。防水機能もあり、価格も控えめ(今回は還元換算無料)

但し!還元換算無料だから選択したが、そうでなければ選んでいなかったかもしれない機種であることも言っておく。

懸念点

以下のところは要注意。

「AQUOS sense3 lite」はGPS制度が低いとの評判

kakakuコムの口コミではGPS制度が悪いとあるのでこの辺りは気になるところ。
私の見解としては「使ってみないとなんともいえない」ところですが、もし本当なら致命的ですね。
また使ってみてどうだったかレビューしたいと思います。

同じ楽天でも楽天専用エリア外の回線がNTTからauになること。

楽天専用の基地局は、未だ発展途上。なのでそれ以外のエリアをできるだけカバーするためにauの回線を利用させてもらうかたちになっている為、NTTエリアは広いがauエリアは少し狭い。「山の中でのナビ」に不安が生じる。
これについても「使ってみないとわからない」といったところ。

5Gが目前に迫っている事

早かれ遅かれ5Gに回線は変わってくる。
5Gに対応していないスマホは5G通信を利用することができない。ただし事前に5G対応スマホを購入しようにも今は高価。これをどうとらえるかは、各自で判断が必要。
私の見解は今回のポイント還元で「AQUOS sense3 liteは無料でもらえる」感覚です。なので5Gが主流になった時はその時考えればいいと思っています。
なので5Gが主流になる前に「やるなら早めに切り替える方がいい!」(今回の機種がそれだけ長く使える)

以上のことを踏まえて出した結果

スマホの不調・スペック不足を解消するために、今、回線切り替えと機種変更をすることで「還元換算無料で今よりいいスペックのスマホが手に入り、月額料金もおさえられる今だ!」と考えました。

今回紹介したキャンペーンは2020年8月5日まで

キャンペーンは常にやっている印象なので今回の分が終わっても次のキャンペーンが始まると思いますが、
今回紹介しましたキャンペーンは2020年8月5日までのようです。


6300ポイント還元は終了日は未定。(オンライン契約のみ対象)


6300ポイント還元は終了日は未定のようですが、契約数の動向をみて突然終了するではないかと思います。

300万人 1年間無料もそろそろ終わるんじゃないかな・・・。
いつまでもやってると思っていたら突然終わりがきて「やっぱり切り替えればよかった」って後悔することありますからね(笑)

今の機種に満足している人にわざわざ切り替えはおすすめできません。
スマホが不調だとかそろそろ切り替えを検討されている方は検討の余地ありです。
また、「スーパーホーダイプラン」をご契約中の方はおそらく高くなるかと思いますので切り替えのご検討をした方がよいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です